始まりはいつだって

2013/01/XX01

PSO2を始めて数か月。

一通り遊び倒したこの世界で、これから何が待っているのだろう…

今日も遺跡を探索しても、挨拶すら返してくれないアークスたち

これがほんとうに、わたしが望んでいたものなのかしら…

いつか頑張ると作ったままにしていたチーム

いつかを迎えず、存在を忘れかけていたそんな中――



「あの、すみません…」



見知らぬ人から急に飛んできたウィスパーチャット――



「チームに入りたいんですけど…」



始まりはいつだって、ちっぽけな勇気から

物語は、ひとりぼっち同士が出会うところから始まるの。


ひとりぼっちーむ

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment