FC2ブログ

【アニメPSO2】第20話の解説:ユクリータとアフィンの10年前、【巨躯】の最期と赦しの言葉、採掘基地ってどんなとこ?

第20話 (722)a
本記事では、TVアニメ『ファンタシースターオンライン2 エピソード・オラクル』第20話の映像を画像として引用しております。

【ここまでの解説記事】
第1話 第2話 第2話までの補足 第3話 第4話 マトイの正体について(前編)(後編) 第5話 第6話 第7話 第8話
第9話 第10話 第11話 第12話 【仮面】の正体とEDの歌詞の解説 第13話 第14話 第15話(前編)(後編) 第16話
第17話 第18話 第19話



今回は第20話「歴史を騙し、現在を喰らう」の解説をお届けします。


第20話は原作のゲームでも屈指の名シーン、
【巨躯】とメルランディアの別れが描かれていましたね。
飛田さんと花澤さんの名演にウルっときちゃいました(´;ω;`)

原作のゲームと比較しつつ、話の流れに沿って見ていきましょう!




ダーカーの攻勢


第20話 (121)

惑星リリーパでダーカーとの戦闘が始まりました。
アッシュ達の連携攻撃、カッコよかったですね!




第20話 (116)

モブキャラが『なんなんだアイツら、大型をあんな一瞬で』と言ってましたね!
アッシュ達も経験を積んで強くなったようです。

視聴者の方の中には
「アークスになってからそんなに強くなるほど時間経過があったか?」
と思われる方がいるかもしれませんが尺の都合上、そういうものだと思ってくださいw

原作のゲームだとアニメ第20話にあたるEP3のシナリオは、
時期的には第1話からちょうど1年経った頃
なので意味が通じやすいんですけどね。

まぁ記憶なくしてるけど元・六芒均衡のマトイもいるわけですし。





クラリスクレイスを見守るサラ


第20話 (125)
第20話 (137)

クラリスクレイス 『私は一人で平気なんだ。』

一人でエネミーを倒して回るも、どこか冴えない様子のクラリスクレイス。




第20話 (139)

そして高台からこっそり見守るサラ。第3話を思い出しますね。

サラとクラリスクレイスの関係性については、
第3話の解説で触れていますのでそちらを見てね!

このシーンを入れたということは、
2人の関係性もアニメで触れてくれるということでしょうか!

前回の解説ではカットされそうだと嘆いてましたが、次回あたりでやってくれるのかな?
まだ希望は捨てちゃいけないですね!





装甲車の中での会話


第20話 (189)

ドライバーに指示を出してからアッシュの隣に座るアフィン。
なにやら車内に緊張感が漂います。
マトイとの正妻戦争でしょうか(違います)

アフィンは姉のユクリータのことで思い詰めているようですね。




第20話 (198)

アフィン 『ユク姉がいなくなった時のことは、霞がかかったみたいに覚えていないんだ。』

姉のことは覚えているのに、いなくなった時のことは思い出せないと語るアフィン。
以前にも説明したと思いますが、シオンによる記憶の消去による影響でしょう。





若人の捜し物と採掘基地の正体


第20話 (251)

【若人】 『このあたりに……このあたりにあるはずなのに。』

ダーカーを率いて惑星リリーパを探索する【若人】(ユクリータ)。
【若人】が探しているのは、
10年前に二代目クラリスクレイスが封じた先代【若人】の力です。

今回アニメでも明らかになったとおり、
彼女はダークファルスではないので
【若人】の力の場所がぼんやりとしか把握できないのです。

ちなみに【双子】が10年後も同じ姿で成長していないのに対して、
ユクリータは10年間で成長して容姿が変化しているんですよね。

これも彼女がダークファルスではなく、まだ人間であることの証なんです。




第20話 (258)
第20話 (260)a

腹いせに吹き飛ばされるリリーパ族。

原作ではクエスト進行の邪魔なので
アークスに吹き飛ばされることが多いリリーパ族たち。

彼らにはかわいそうですが、原作プレイヤーには見慣れた光景ですw



第20話 (293)
第20話 (298)

まさかの吹き飛ばされたリリーパ族のおかげで
アフィンはユクリータを見つけることが出来ました!

リリケツをちゃんと見せてくれるあたり、
制作に携わった方々は本当によく分かっていらっしゃいますねw




第20話 (375)

【若人】がワープしてたどり着いた場所。
ここは「採掘基地」と呼ばれる施設です。

原作ではこの場所を舞台に【若人】の眷属であるダーカーと
防衛戦を繰り広げるクエストがあります。
当時はかなり難易度の高いクエストでした。

実はこの施設、惑星ナベリウスの墓標のように
アークスにとって重要な拠点なんです。


その証拠として、【若人】によって破壊されてしまいましたが、
並のダーカーなら全滅させられるほどの迎撃用の砲台が配置されてましたよね。




第20話 (378)

施設の煙突から煙と一緒に何か吹き出していますね。
ダイオキシン法守ってなさそう(どうでもいい)

この施設は表向きだと鉱石採掘の施設ですが、
地下には二代目クラリスクレイスが封印した先代【若人】の力が隠されています。

この煙突から放出されている黒いモヤはその力を無害化したものです。




第20話 (383)

このシーンで【若人】がニヤリと笑ったのは、
封印されている自分の力を見つけたからです。

第20話のラストでユクリータの体内にあるダークファルスの力が暴走しだしたのも
ここに【若人】本体の力が封じられていた影響だと思われます。





ユクリータとアフィン、10年前の真相


第20話 (479)

【双子】 『君は、【若人】の乗っ取ろうとしたただの人間だよ』

アフィンの息の根を止めようとするも、手が止まってしまう【若人】(ユクリータ)。
ダブルは彼女を「ニセモノ」と呼び、10年前の真相を語りだします。




第20話 (511)
第20話 (516)

先代の【若人】は、ユクリータを新たな寄り代にしようとしたところで
【双子】に食べられてしまいました。

ユクリータはその時の【若人】の影響で
残りカスがあってダークファルスっぽくなっているだけ。

そのまま【双子】に連れ去られ、
自分がダークファルスだと洗脳されながら育てられたのです。

ようするに、自分をダークファルスだと思い込んでる人
自分を野原ひろしだと思いこんでいる一般人みたいなもんですね!

ちなみに【双子】がダークファルスを捕食しているのは、
【深遠なる闇】の復活という目的に繋がるからです。

詳しくは前回の解説で触れましたね。





【双子】と【巨躯】の戦い


第20話 (602)

【巨躯】 『アークスもダークファルスも関係ない。』
     『我の求める闘争、その本能に従うのみ。』
     『我の動く理由は、それだけよ。』

【双子】との戦いに【巨躯】が割って入ります。

【双子】が言っていたように、ダークファルスの目的は【深遠なる闇】の復活。
【双子】以外のダークファルスは寄り代の影響を受けて
若さや全知や闘争を追い求めることが目的になってしまっています。

しかし、今回の【巨躯】の行動は本当に闘争だけなのでしょうか?




第20話 (612)

【巨躯】 『元より我らダークファルスファルスに仲間という概念は皆無。』
     『そして何より我が本能が!貴様をころせと、訴えている!』

【巨躯】の寄り代になったゲッテムハルトにとって、
【双子】は愛する人の仇であり、
メルランディアは愛する人と同じく守るべき存在でした。

寄り代になって意識を無くしたとしても、その想いが本能に現れているのでしょう。
とはいえ、彼の真意を知ることはもうできません。




第20話 (637)
第20話 (638)

【巨躯】 『邪魔をするな、アークス。』
メルランディア 『共に戦わせてください。』
【巨躯】 『ふ……邪魔は、するな。』

【巨躯】に加勢するメルランディア。
この会話で彼女は、彼の面影を感じたことでしょう。

【巨躯】はコスチュームで口元を隠していますが、
口調の変化から表情が読み取れるようです。
飛田さんの演技が素晴らしいですよね!




第20話 (653)
第20話 (655)

【双子】 『もしかしてあの子の中にいるんじゃない?』

【双子】はしっかりと10年前のことを覚えていて、
マトイのなかに【深遠なる闇】が眠っていると気づきます。




第20話 (691)

メルランディアをかばって【双子】に捕食される【巨躯】。
ここでゲッテムハルトの人格が出てきています。

力ずくで空間を潰し、【双子】ごと消滅しようとします。




pso20180311034244.png

ちなみに原作だとこの場で刺し違えるためではなく、
無理やり空間転移させるのが狙いでした。

ゲームでは空間転移してからの詳しい結末は描かれませんが、
【双子】が帰還してきたことから【巨躯】が敗れて捕食されたとされています。




第20話 (728)
第20話 (729)

【巨躯】 『貴様もアークスならばその手に未来を求めよ!過去に縛られるな!』
     『その結末を、お前は見たはずだ!』
     『なぁ、そうだろうがよォ!』
     『だから、俺のようにはなるんじゃねぇぞ……ディア。』

ゲーム屈指の名シーンです!
この言葉のおかげでメルランディアは、「シーナ」という姉の面影ではなく
再びメルランディアとして自分の人生を歩み出すことができる。


彼女にとってはまさに過去の行ないに対する「赦しの言葉」であり、
未来への「励ましの言葉」だったのでしょうね。


第8話の解説を読み返してみると感慨深いです。





ユクリータの暴走と浄化


第20話 (788)

一段落着いたのも束の間、今度はユクリータのダークファルスの力が暴走しだします。

ここからの展開はアニメオリジナル。
原作ではユクリータが浄化されるのはちょっと先なんですが、
尺の都合もあるのでアニメではまとめて片付けちゃうようです。

ダークファルスの力が暴走したのは先で述べたとおり、
この採掘基地の地下で先代【若人】の力が封印されているため
それに近づいたことでユクリータも影響を受けたのでしょう。




pso20180311034455.png
pso20180311034506.png

ちなみに原作のゲームはどういう展開だったかというと、
【双子】と【巨躯】の戦いのあと力が暴走する描写はなく、ユクリータは逃げてしまいます。

その後、1ヶ月くらいアフィンが彼女に探して付きまとい、見守る期間があります。




pso20200225002211.png
pso20200225002410.png

決心したユクリータはアフィンを人質に取り、
自分を撃つように言い出し、ダークファルスかどうか証明しようとします。




pso20200225002429.png
pso20200225002433.png
pso20200225002436.png

なんかドラゴ〇ボールで似たようなシーンが…(ぉぃ
ちなみにフォトンの攻撃はダーカーに対して致死レベルで有効ですが、
人間にとっては致命的なダメージにならないようです。
まぁアフィンの反応を見ると一応、痛いらしいですね…w




pso20200225002505.png
pso20200225002510.png
pso20200225002523.png

その結果、自分がダークファルスではない事を証明してしまったユクリータ。
破けた服がえっっっちですね!!!
アニメでもコスチュームが破けてほしかったです!


ユクリータはこの後も逃げ出してしまいますが、
保護した野生動物みたいに少しずつアフィンに心を開いていきます。




pso20200225002758.png

次に出会ったときには姉弟でお揃いのデザインの服に着替えてますw

ちなみにシャオの計らいで、アフィンにはユクリータ監視の任務が与えられ、
姉弟一緒に行動するようになります。

アニメでもその様子が見られるかもしれませんね!





今回はここまで!
ダークファルスの問題については今回でほぼ決着が着きました。

原作を知らない人は第7話のダークファルス【巨躯】戦を見たとき
圧倒的な戦力差に絶望したようですが、
『ソードマスターヤマト』みたいにサクっと解決!

【双子】については再登場すると思いますが、
今回の流れもほぼ原作通りですw

アニメでは惑星ハルコタンを出すことはないと思うので
原作プレイ済みのわたしも予想できない展開が増えそうです。ワクワク!




第20話 (828)
第20話 (832)

ダークファルスの力を取り込んだマトイが心配です。
次回以降、彼女の苦しむ姿に心を痛めるかもしれませんが、
最後には救われることを信じて見守っていきましょうね!


公式サポーターズリンク(サポリン)&各アンテナサイト登録中!
PSO2_200x40_応援バナー02
サポリンを開いて「投票する」をクリックいただけると、更新の励みになります!


各アンテナサイトもクリックして応援いただけると嬉しいです!

今回の記事はいかがでしたか?
「それってどういうこと?」「もっと詳しく知りたい!」など、どんな質問・意見でも構いません。
みなさんからのコメントをお待ちしております!
関連記事

4 Comments

Tue
2020.02.25
18:05

野良アークス  

記事まとめお疲れ様です。このあたりのダークファルスが一斉に退場する展開はゲームでも在庫処分セールのように感じ、「若人とは結局なんだったんだ…」と思いましたw
次回で双子に喰われる話をやるのでしょうが、どのようにそこに持っていくか楽しみですね!(個人的にはハルコタンの話好きなのでやって欲しかったですが…)

2020/02/25 (Tue) 18:05 | REPLY |   
Tue
2020.02.25
23:24

フィー  

Re: タイトルなし

コメントいただきありがとうございます!
おっしゃるとおりで振り返ると【若人】ってなんなんだってなっちゃいますよねw
【巨躯】との感動的な別れに紛れて、すごい展開にしてるなぁと感心します。

更にアニメでは第20話にまとめて詰め込んだので、起こった出来事だけ見るとホントに在庫処分セールか打ち切りマンガのよう。
それでもまったく陳腐に見えないのは、制作に携わった方々の作品への理解の深さと、脚本やカットの魅せ方の妙が成せる技ですね!

【双子】に喰われる話をすればルーサーが再登場すると思うので、次回はそのあたりも楽しみにしています!

2020/02/25 (Tue) 23:24 | REPLY |   
Wed
2020.02.26
02:31

野良アークス  

若人との決着をつけたのがマトイちゃんなのは良い改変ではないかと思います。次週はまだ「むしろ体調がいいくらい(フラグ)」と言ってくれるはずです。まだアッシュに因子溜まってる素振りがないのが気になります。

2020/02/26 (Wed) 02:31 | REPLY |   
Wed
2020.02.26
10:45

フィー  

Re: タイトルなし

コメントいただきありがとうございます!
確かにまだアッシュにダーカー因子が貯まっていくような描写がないですよね。気になります!
このあたりは彼の出生の秘密に関連するアニメオリジナルの設定があるのかもしれませんね。原作プレイ済みで大筋の展開を知っていても楽しめるシナリオで、わたしも毎週ワクワクしながら見ています!

2020/02/26 (Wed) 10:45 | REPLY |   

Post a comment