FC2ブログ

【アニメPSO2】第25話の解説①:三英雄の見せ場を補足解説!【深遠なる闇】となったマトイの想いほか

第25話 (677)a
本記事では、TVアニメ『ファンタシースターオンライン2 エピソード・オラクル』第25話の映像を画像として引用しております。

【ここまでの解説記事】
第1話 第2話 第2話までの補足 第3話 第4話 マトイの正体について(前編)(後編) 第5話 第6話 第7話 第8話
第9話 第10話 第11話 第12話 【仮面】の正体とEDの歌詞の解説 第13話 第14話 第15話(前編)(後編) 第16話
第17話 第18話 第19話 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話 第25話(前編)・(後編)



今回は第25話「あなたが生まれたその理由」の解説(前編)をお届けします。


アニメPSO2もついに最終話となりました…!
わたしも無事見終わって感無量といった感じです。

しみじみとしてますが……。
最後まで気を抜かず、気になる部分を解説していこうと思います!
※ちなみに記事が長くなったので、前編と後編に分けてお届けします。




三英雄の見せ場を補足解説!


第25話 (15)

シャオ 『全員、これから何をやるか分かっているね?』
カスラ 『おそらく2名ほどわかっていないかと……』
ヒューイ 『おーっ!誰だ誰だ!わかってないやつは!恥ずかしがらずに手を挙げろ!』



第25話 (21)

クラリスクレイス 『はーい!』




第25話 (29)

ヒューイ 『なんだクラリスクレイス!わかってなかったのか!』
     『……実は、オレもだ!』

皆の緊張をほぐすために冗談を言うヒューイ。
このシーン、見事に原作通り再現してくれています!




pso20181124182825.png
pso20181124182833.png

当時はゲームの仕様上、
指に動きを付けられなかった(指ボーンがない)はずなので、
ヒューイは本来アニメのような指の動きにしたかったのでしょうね。

そして三代目ちゃんはマジで何をやるか分かってないみたいですが、
今日もおバカコンビは楽しそうですw

ヒューイの冗談といい、
やはり大事をなす前にはこれくらいの余裕が必要と言ったところでしょうか。




第25話 (112)

三英雄の結界陣にダークファルスを再現して襲撃させる【深遠なる闇】。

レギアスは【巨躯】との戦いで、
新たな創世器「終刀・創世」(しゅうとう・つくりよ)を振るいます。

以前の創世器「世果」(よのはて)第16話でルーサーを倒した時に折れたので、
刀匠ジグが作り出した新たな創世器です。

アニメでは「終刀・創世」を受け取るシーンがカットされちゃったのですが、
レギアスとジグの会話が印象的なので簡単に補足しておきます。




pso20200225001458.png

ジグ 『その子の銘は「創世」。銘に込めた意は、そのままじゃ。』




pso20200225001502.png

レギアス 『「創世」……私には、重い銘だな。』




pso20200225001507.png

ジグ 『だが、お主が背負わねばならぬ銘よ。』
   『世を一度終わらせたのであればしっかりと、創り直せ。』




pso20200225001517.png

ジグ 『そこまでやり遂げたらその時は構わん、堂々と胸を張れ。』
   『アルマに誇れ、世を創ったことを。』

40年前の巨躯戦争以降、ルーサーを倒して傀儡の時代を終わらせてもなお、
レギアスは過去の判断を、最愛のアルマを犠牲にしたことを悔いていました。

そんな彼に、あえてジグが背負わせたのが「創世」という銘の重みなのです。
お互いに旧知の仲だからこそのやり取りですよね。




第25話 (298)

その「創世」をもって【巨躯】を断ち切るということは、
レギアスにとっては過去の後悔を断ち切る行為と言えるかもしれませんね。




第25話 (122)

カスラ 『私の相手が【敗者】とは……【深遠なる闇】も気が利く。』
    『……私はね、直々にこいつをぶっころしたかったんですよ。』

カスラのところには【敗者】が登場しました。
カスラとルーサーの因縁については、第14話の解説で触れたとおり。

このカスラは初代カスラのクローン体で、
いずれはルーサーの次の身体になる予定でした。


カスラ本人はルーサーへの復讐の機会を狙うためずっと彼に従っていましたが、
ルーサーは第16話でレギアスに一閃を浴びて真っ二つになり、
最終的には【双子】に捕食されたので、自ら止めを刺すことができなかったですよね。

なのでカスラにとって今回の戦闘は、
叶えられなかった本懐を遂げる千載一遇のチャンスと言えるでしょう。




第25話 (153)

クラリスクレイス 『私は……ほかの二人とは違う……!』
         『創世器だって本物じゃないし……自分が未熟だって、わかってる!』
         『……それでも、私が継いだこの名は本物なんだ!』

以前は「自分はすごい」と言っていた三代目ちゃんですが、自分の無知を知り、
真剣に向き合うことで人間として成長していることが分かります。

そして戦闘シーンがよく動いてたのも見ごたえがあってよかったです!




第25話 (194)

「私」じゃなくて「あたしたち」でしょ、と言って助けに入るサラ。

過去に自分の存在を後悔したり、
自分が誰なのかと悩んだりしていた二人の成長を感じます。

第21話に続いて、姉妹の成長と愛を感じるシーンですね!





【深遠なる闇】となったマトイの想い


第25話 (250)a

見た目がエッッッチすぎて内容が頭に入ってきませんが、
マトイがモノローグで大事なことを語っています。

モノローグに合わせて映り込むキャラクターと、その内容がリンクしてるんですよね。
これも原作と同じ演出なのが、ファンとしては嬉しいです!




第25話 (204)

マトイ 『……聞こえてくる。深く沈み込むような、後悔の声が。』
    『好きな人を犠牲にしてまで作り上げた世界が、間違ってて……』




第25話 (216)

マトイ 『……聞こえてくる。湧き上がるような、怒りの声が。』
    『存在を奪われて、弄られて……』




第25話 (221)

マトイ 『……聞こえてくる。その身を揺るがす、不安の声が。』
    『自分が誰なのか、分からなくて耳を塞ぐことしか、できなくて……』




第25話 (252)

マトイ 『どんな強い人の心にも、苦しみ悲しみがいっぱい、あふれてる。』
    『だから……すべてわたしが抱え込んで消えてしまえば……』
    『……みんな、幸せになれるはず。』
    『なのにおかしいな……どうしてだろう……』 
    『私はそうするために生まれてきたはずなのに……どうしてこんなに寂しいの?』

そう語ったマトイは表情を隠すように仮面を身に付けます。
原作通りマトイの切ない想いをうまく表現できていると思います。

そして第24話の解説で、
「マトイは心まで【深遠なる闇】になってしまったのか?」
と問いていた答え合わせですね!

マトイはアッシュに滅ぼしてもらえるように、
自分が滅ぼされることでアッシュが助かるように、
【深遠なる闇】らしく振る舞っていたんです。


マトイの自我はしっかりと残っていたんですよね。





六芒均衡の結界陣


第25話 (306)

自らの過去を断ち切るように、ダークファルスの模倣体を倒した三英雄。
そして六芒均衡はそれぞれ結界陣を発動させます。




pso20180310191145.png

この結界は、アニメで丸ごとカットされた惑星ハルコタンの灰の神子、
スクナヒメの結灰陣(けっかいじん)という秘術を応用したものです。

シャオがスクナヒメから教わり、
六芒均衡(創世器)の力を使って同じ仕組みの結界を張れるようにしたんです。

この結界陣の目的は、
倒してもフォトン化して復活してしまう【深遠なる闇】を、一時的でもこの場に束縛するため。




第25話 (321)

結界陣を発動させるときに、
六芒均衡の名乗りが聞けてカッコよかったですね!

特にカスラの途中の動きだけ若干ダサく感じたのが、
また彼らしくてかわいかったですw




第25話 (356)a

このシーンは、結界の発動順(名乗りを上げた順)がちゃんと六芒均衡の番号と一致してます。
位置関係でいうとこんな感じ。
①~⑥が発動順(六芒均衡の番号どおり)です。




第25話 (356)b

そこに増援で登場したキャラクターを加えるとざっくりこんな感じ。
ちょっと中心がわちゃわちゃしてますが、イメージとしてはこんなもんでしょう。

モブアークスは主にレギアスの援護シーンで登場したように見えますが、
マトイのいる墓標を中心にまんべんなく配置されているはずです。

続いてそれぞれの様子を見てみましょう。




第25話 (430)
第25話 (433)

死亡フラグを立てる勢いでアッシュを送り出すアフィン。
更に助けに来たイオには先輩扱いされてないようで
アフィンは最後までコミカルな役回りでしたねw




第25話 (455)

マトイと戦闘になってしまうアッシュ。

マトイの見た目がえっちすぎて、わたしは集中できませんが、
マトイが自我を取り戻すようアッシュは真剣に呼びかけ続けます。

まぁ先ほど説明したとおり、マトイにはアッシュの声が届いてるんですけど、
自分を滅ぼしてもらうために【深遠なる闇】として振る舞い、
あくまで聞こえないふりをしています。




第25話 (450)

ちなみにマトイが扱ってる武器の名は、
壊世器「壊杖ファンタズマ」と「壊錫アグリッサ」。

右手に持つ長いほう(ロッド)がアグリッサで、
左手に持つ短いほう(ロッド)がファンタズマです。




第25話 (522)

ゼノの元に救援に訪れるエコー。
クラスをフォースに戻し、雷テクニックを使っています。

コスチュームがゼノとお揃いのデザインのマギアセイヴァーなのが印象的ですね!
はよ結婚しろ!




第25話 (539)

マリアの結界はリサが遠距離狙撃で援護します。
先週が特徴的だった分、今週のリサはおとなしめですw




第25話 (550)

カスラ 『メルフォンシーナさん?』
メルランディア 『いいえ。私は、メルランディアです!』

陰険メガネのところにはメルランディアが登場。
できればこの名前のやり取りはゼノ達との会話で見たかったですが、
まぁ仕方ないですね!




第25話 (564)
第25話 (567)

ヒューイの助太刀にきたティアと、応援しにきたパティちゃん。
シリアスな状況なのにふざけて許されるおバカキャラは強い!
そしてなによりもアホかわいい!




第25話 (583)

パティ 『私たち、ただの応援です!フレーフレー!ヒューイ!』
ヒューイ 『うおぉー!勇気が湧いてきたぁー!』

勇気なのか気合いなのか、謎の勢いでダーカーを撃破していくヒューイ。
これがおバカキャラ同士のシンパシーというやつかw




第25話 (638)

親方、空から女の子が!
結界が綻びそうになったところで、六芒の零クーナさんが登場!

ゲームのほうではこのシーンで出番がなかったんですが、
アニメではしっかりと目立ってますね(ぉぃ

全アークスの力を結集して、【深遠なる闇】の拘束に成功します!





さて、最終話ということで筆が乗ってしまいましたw
記事が長くなりそうなので前後編に分けることにします。

今回はアバン~Aパートまで解説しました。
後編の記事では、Bパートからエンディング、
アニメでは語られなかったその後について解説していく予定です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
それでは本日中の更新をお楽しみに!


公式サポーターズリンク(サポリン)&各アンテナサイト登録中!
PSO2_200x40_応援バナー02
サポリンを開いて「投票する」をクリックいただけると、更新の励みになります!


各アンテナサイトもクリックして応援いただけると嬉しいです!

今回の記事はいかがでしたか?
「それってどういうこと?」「もっと詳しく知りたい!」など、どんな質問・意見でも構いません。
みなさんからのコメントをお待ちしております!


関連記事

2 Comments

Wed
2020.04.01
19:23

またまた先日の野良アークス  

お疲れ様です。
もうッ、素敵な最終回でしたね……!(語彙力)
もう一回冷静に振り返りたいので、後編も楽しみにしてます。

2020/04/01 (Wed) 19:23 | REPLY |   
Thu
2020.04.02
01:22

フィー  

Re: またまた先日の野良アークスさんへ

コメントいただきありがとうございます!
本当にステキなラストでしたね(´;ω;`)
わたしも何度か見直して楽しもうと思います。

そしてお待たせしましたが、先ほど後編の記事も書き終わりました!
よろしければそちらも読んでいただけると嬉しいです!

2020/04/02 (Thu) 01:22 | REPLY |   

Post a comment