FC2ブログ

「VR防衛」基本講座②(タブーな行動) 小学生のサッカー?北の勇者?

pso20200506214513.png
※鯖落ちは誰にでもあることなので、タブーじゃないです。「ドンマイ!」と慰めてあげましょう…w
「VR防衛」基本講座① 「VR防衛」基本講座② ←いまココ。

初心者や復帰したてのメンバー向けの基本講座。
今回は採掘基地防衛戦におけるタブーな行動についてまとめていきます。

サッカー?
北の勇者?


これらは採掘基地防衛戦に関して、一部のプレイヤーが利用する用語で、
どちらも褒められた行動ではないとされています。
※ちなみにPSO2運営が公式に認めた用語ではありません。

この言葉の意味を理解して、しっかり拠点を防衛しましょうね!
※記事の内容や画像は、予告なく追加・変更する場合があります。




タブー① 小学生のサッカー


pso20200509002606b.png
※実際、この画像は問題ない状況だったんですが、プレイヤーが密集している例として使っています。

小学生のサッカーとは、
いま出現したエネミーにばかりプレイヤーが気を取られて、
エネミーの出現した位置にほぼ全員が移動する行動を繰り返す現象のこと。

ボールを追いかけるだけの小学校低学年のサッカーに似た様子を揶揄した呼び方です。
「お子様サッカー」とか、単純に「サッカー」とも呼ばれます。

エキスパートチェックを外した状態でVR防衛に行くと、この現象が顕著になります。
※採掘基地防衛戦を長年プレイした古参勢が減ったため、エキスパート野良でもよく発生します。

この現象のよくない点は、主に3つあって…
・一か所に人が密集するため、次のエネミーの出現エリアの守りが手薄になる
・移動を繰り返してPPが枯渇するため、肝心なところでまともに攻撃できない
・ムダな移動が多いので結晶を拾う余裕がなく、終盤にポイントが不足しがち


その結果、ジリ貧になっていく…という悪循環ですw

VR防衛の目的は拠点を守ることであって、
エネミーを攻撃しに行くことが目的ではありません。


「VR防衛」基本講座①でも説明しましたが、
役割分担すれば失敗することなんてまずないんです。

エネミーの殲滅速度が落ちてWAVEの敵を倒しきれなくても、
クリアランクには関係ありません。

拠点(塔)のHPが残っていればいいんですから。




ちなみに、
最近入団したメンバーさんへ誤解のないように言っておくと、
うちのチーム固定でもこの現象は起きていますが、まったく問題ないです!

大半はネタで貢献度勝負しているせいなんですが…w
・次のエネミーの出現位置を理解した上で楽しんでいる
・「ゲノン」シリーズの武器などPP回復手段を持ち合わせている
・単純に火力が足りてるので、多少ふざけていても間に合うから
です。

わたしが守る塔をPTごとに割り振りする程度で
ほとんど指示しないのもなるべく自由に楽しんでもらうためなのです!

…指示がめんどくさいからじゃナイデスヨ?( ゚ω゚ )





タブー② 北の勇者


pso20200430210632c.png
※マップ右下ではサッカー現象(エネミー討伐直後)、左上では北の勇者が発生しているカオスな状態…w

北の勇者とは、
塔から遠い位置(北のほう)で一人、
エネミーを引き付けて倒しきれないプレイヤーのこと。
※この呼び名を考えた人のネーミングセンスってすごいよねw

初めに言っておくと、この戦術自体は状況によってはとても効果的なんです。

ただし、
他のプレイヤーが待機している位置までエネミーを引き寄せて
一緒に戦ったほうが効率的な場合、北の勇者と呼ばれます。


VR防衛WAVE3の開幕直後とかそうですよね!
WAVE3開幕に出現するのは、各塔にワープしてくるエネミーだけです。
なので、みんなで塔の近くで待ち伏せしていたほうが楽に一網打尽にできます。




北の勇者が問題なのは倒しきれなくなって
他のプレイヤーがフォローしに行かないといけなくなることです。

北の勇者が野良で発生すると、
フォローするためにプレイヤーが動くことで前述のサッカー現象が起こりやすく、
戦況が悪化する要因となります…w

近くならまだしも、遠くならなおさらです。

VR防衛の目的は拠点を守ることであって、
エネミーを攻撃しに行くことが目的ではありません(2回目)





もちろん、
一人でもすぐにエネミーを倒しきれる火力を持ち合わせているなら問題ありません。

あるいはわざとエネミーを倒さないことで、
一人でエネミーのヘイトを取って戦況を維持することを
戦術として分かってやっているなら問題ありません。


例えば…
・危険なボスエネミーなどが塔に近づかないようにするため
↑ただし、ヘイト管理するにしても、他のプレイヤーから離れすぎるのは問題です。
・WAVEの残り時間が少なく、そのエネミーを倒すと逆に危険なため
↑WAVE終了時に自爆攻撃をするプラチドーラスやゴルドラーダが大量に出現するのを防ぐためです。
・最後にエネミーを1体残し、残り時間を利用して結晶拾いをするため
↑この結晶拾いは少人数で防衛を遊ぶ時などに有効な手です。

とはいえ、あまり他のプレイヤーから離れすぎると
フォローに回る側が大変なので位置取りが肝心。

VR防衛に慣れていない方は、2つのタブーに注意して、
マップを見て手薄なところの防衛に専念しましょうね!





今回はここまで。

「今までタブーな行動してたかも…」と、
心当たりのある方もあまり自分を責めないでね?

気付けたことが素晴らしいんです!
これから直していけばいいんです!


そしてフレンドさんがタブーな行動をしていたら、
やさしく教えてあげてくださいねd(˙꒳​˙* )

次回は各WAVEでの重要ポイントを解説していきます。
それではPart3で!


最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

公式サポーターズリンク(サポリン)&各アンテナサイト登録中!
PSO2_200x40_応援バナー02
サポリンを開いて「投票する」をクリックいただけると、更新の励みになります!


各アンテナサイトもクリックして応援いただけると嬉しいです!

今回の記事はいかがでしたか?
「それってどういうこと?」「もっと詳しく知りたい!」など、どんな質問・意見でも構いません。
みなさんからのコメントをお待ちしております!
関連記事

0 Comments

Post a comment