FC2ブログ

クラス別講座(ファントム) テキスト① 基礎編(2020.10.10更新)

pso20191218125942a.png
※2020.10.10 最終更新

この記事は、クラス別講座(ファントム編)の補足資料です。
クラススキルなどファントムの基礎について説明しています。

今回のテキストは初級者~中級者向け。
とりあえずファントムを始めてみた人や、
レベルが75以上になったけど操作は…という人向けの内容になります。

この記事を読めば当然、頭では理解できますが、
PSO2はアクション要素が多いので、ちゃんと操作できているかが大事です。

初心者の方や最近復帰された方は読むだけで満足せず、
レッスンを受けるようにしてね!d(˙꒳​˙* )




目次とリンク集


【目次】
(1)ファントムってどんなクラス?
 ①ファントムクラス(Ph)
 ②3種の武器をどう使い分けるの?
 ③これから武器を揃えるには…?

(2)クラススキルを有効活用しよう!
 ①ファントムギアの仕組みを理解しよう
 ②ファントムマーカーの仕組みを理解しよう
 ③ロードオブソーンは取り過ぎたら×
 ④テックショートチャージとテクニックカスタマイズの関係性


【リンク集】
(1)当ブログ
 ・Phクラススキルツリーの紹介記事

(2)攻略wiki様
 ・ファントムのスキル解説ページ
 ・ファントムPAと武器アクション解説ページ




(1)ファントムってどんなクラス?


①ファントムクラス(Ph)

ファントムは、EP6で実装した第2の後継クラス。

「器用万能」を体現したかのようなクラス性能は
レンジやクエストを問わず活躍でき、汎用性が非常に高いクラスです。

武器アクションのあとに各PAを発動することで
全く異なる性能に変化する「シフトPA」
をもつのがファントムの特徴の一つ。

はじめはそれぞれの挙動を覚えるのが大変ですが、
状況に応じて多彩なアクションが取れるのが魅力です。

初心者の方は一度に武器3種のPA/シフトPAを覚えようとせず、
まずは気に入った武器1種にしぼってプレイし、
慣れてきたら次の武器を試してみる

といった感じに慣れていくとよいと思います。


ちなみに、万能とはいっても耐久面は心もとないクラスなので、
ゴリ押しするときには要注意。

クラススキル「ステルステックチャージ」
各PAの無敵時間を覚えることで、巧みに戦況を切り抜けましょう!




②3種の武器をどう使い分けるの?

ファントムは、専用武器の中から1種類だけ使っても
活躍できるように設計されたクラスです。

その中でも、どんな状況でも対応しやすい
テクニックでの攻撃を中心としたロッドを
オススメされることが多い
です。

もちろんカタナとライフルを装備中もテクニックは使えますが、
武器自体の法撃力が低いですし、
クラススキル「アンビバレンス」を習得した状態で
ロッドを装備していないと
攻撃テクニックでファントムマーカーが蓄積しません。


なので、攻撃テクニックを使うならやはりロッドになります。


また、ファントム武器のバランス調整は、
第1の後継クラスであるヒーローの調整を教訓にしたもの。

クラスコンセプトとして、
テクニックを使うことで強くなるように設計されています。
※以前の公式放送での吉岡EP6Dのコメントより

そのため、各武器はこのように評価されることが多いです。


Phカタナ
 ⇒他の2種よりも攻撃範囲が狭く、ボスエネミー向け。

Phライフル
 ⇒対複数の攻撃がしやすいので、雑魚エネミー向け。

Phロッド
 ⇒テクニックを使えば、エネミーや距離を問わず対応可能。


逆にPhロッドをPAのみで戦おうとすると、
カタナやライフルよりも戦いにくいというか…個人的にはムリですw
※火力差が出ないように調整されているそうですけど、ロッドPAの使い勝手はビミョーです。

ファントムを最大限に遊びつくすなら、
テクニックをうまく扱うことが重要
になります。





③これから武器を揃えるには…?

これからファントムを始めたいという方には、
・ビジフォンで★14「ディム」シリーズを購入
・ウェポンズバッヂ2020で★15「ノヴェル」シリーズを交換
・コレクトファイルで★15「セイロス」シリーズを入手
・ジグの証交換ショップで★15「アジェル」シリーズを交換


このあたりが候補になります。
※下に行くほど入手難易度が上がります。

レベリングや非エキスパートでのプレイなら
★14「ディム」シリーズや★15「ノヴェル」シリーズで充分です。

武器の強化値は少しずつでいいので
+30以上を目指しましょうね!





(2)クラススキルを有効活用しよう!


①ファントムタイム

最大ギアの半分を消費し、使用中ステップ無敵延長と消費PP軽減。
開始時、無敵時間が発生する。習得時ファントムギアも習得。


ファントムギアを上手に貯めることで、
強力なファントムタイムフィニッシュを発動するチャンスが生まれます。

ファントムギアを貯める上で気を付ける点は、次の3つ。

・ドッジカウンターショットはゲージ上昇量が多い
・同じPA・テクを使い続けるとゲージ上昇量が減衰(増えにくくなる)
・時間経過かファントムマーカーの起爆で上昇量の減衰がリセットされる


カウンターを狙いすぎて攻撃が疎かになってはいけませんが、
狙えそうなところではカウンターを狙っていくことが大事。

苦手な方も少しずつでいいので練習していきましょう!

ファントムマーカーも忘れず起爆することを心がけましょうd(˙꒳​˙* )
詳しくは次で説明していきますね。




②ファントムマーカー

ファントム武器で攻撃を当てるとエネミーにマーカーが蓄積し、
チャージ武器アクションで起爆可能になる。


ファントムマーカーの起爆は、ファントムにとってPP回復手段であり、
ダメージソースでもある大事なアクションです。

ファントムマーカーの蓄積量は、攻撃手段ごとに数値が決まっています。

与ダメージは一切影響しないので、
火力が高い人のほうが貯まりやすいというわけではありません。


マーカー起爆は、
マーカーレベル1でPP30回復、マーカーレベル2でPP50回復します。

ちなみにマーカー起爆は、
攻撃範囲が狭いものの複数のエネミーに命中します。


PP回復も命中したエネミー分が加算されるので、
ゾンディールなどでまとめてから爆破すると効果的です。

また、ブルズアイを習得してライフルで起爆をおこなうと、
起爆時に一定値のマーカーを蓄積させることができます。


マーカー蓄積・起爆のサイクルを早めたければ、
ライフルで起爆を狙うのがオススメです。




③ロードオブソーン

ファントムマーカーの蓄積量が減少し、起爆時のダメージが増加する。

このスキルはファントムの落とし穴。

ロードオブソーンを習得しすぎると、
逆に戦いにくくなるので注意です!



ファントムマーカーを起爆することのメリットは先述のとおり。
・ファントムギア上昇量の減衰をリセットできる
・PP回復できる
・ダメージを与えられる


ロードオブソーンは「起爆時のダメージが増加する」といっても、
エネミーを倒すまでにマーカーが貯まらくなったり、
そもそも起爆できなくなったりしては意味がありません。


特にヒット数の少ないテクニックは
スキルレベル1の時点から影響を受けだします。
※マーカー蓄積のために当てるテクニックの回数が1回増えてしまいます。


また、ダメージ上限(999,999)が設定されているエネミーと相性の悪いスキルです。

起爆時のダメージが増加しても、
ダメージ上限に引っかかってしまいやすく、
起爆するチャンスが減るだけで損してしまいます。

そういった理由もあり、
わたしが利用しているクラススキルツリーでは
ロードオブソーンを習得していません。

現在の環境での推奨は、
ロードオブソーンを習得しないか、スキルレベル1あたりでしょう。

このスキルだけは注意して振りましょうね!




④テックショートチャージ

チャージ可能なテクニックの威力が低下する代わりに、
チャージ時間を短縮し、消費PPを減少させる


テクニックの元のチャージ時間によってDPSが変化するスキル。
元のチャージ時間が長いテクニックほど、DPSが上がりやすくなります。

スキルレベル5まで習得した場合は0.75秒が基準です。

0.75秒より長ければDPSは増加、短ければDPSは減少します。

そのため
ファントム用のテクニックカスタマイズは、
威力の上がるカスタムが推奨。

ただし、ラ・バータやラ・ザンのようにヒット数が増える
「数多」カスタムがあるテクニックは「数多」カスタム推奨です。


ファントム用のテクニックカスタマイズは、
チャージ時間が短縮する「効率」カスタムはオススメできません。

チャージ時間短縮はクラススキルの前に計算されるため、
「効率」カスタムした効果が薄れるからです。
【例】
①効率カスタムで-0.4秒短縮された場合
 (1秒-0.4秒短縮)/テックショートチャージ5(50%減)=チャージ時間0.3秒
②テックショートチャージのみ
 1秒/テックショートチャージ5(50%減)=チャージ時間0.5秒
①と②の差が0.2秒しかなく、効率カスタムによる変化量が半減する。


逆にカスタマイズのデメリットでチャージ時間が増えても
テックショートチャージのおかげでデメリットも半減します。


ちなみにファントムでも使う零式ギ・グランツは、
テックショートチャージの効果が一切適用されません。

※メリットもデメリットもありません。

シフタ、デバンド、レスタ、アンティ、ザンバース、メギバースは
チャージ時間と消費PPのみ影響を受け、
威力や効果量は低下しません。


つまり、
補助テクニックにとってはメリットばかりのスキルってことですね!





基礎編はここまで。

次回の実践編では、
各PA・テクニックの使い方やコンボのお話になります。
※現在リライト中です。

お楽しみにね!
ではではー!


公式サポーターズリンク(サポリン)&各アンテナサイト登録中!
PSO2_200x40_応援バナー02
サポリンを開いて「投票する」をクリックいただけると、更新の励みになります!


各アンテナサイトもクリックして応援いただけると嬉しいです!

今回の記事はいかがでしたか?
「それってどういうこと?」「もっと詳しく知りたい!」など、どんな質問・意見でも構いません。
みなさんからのコメントをお待ちしております!
関連記事

0 Comments

Post a comment