FC2ブログ

クラス別講座(テクター編) テキスト① Teクラスの基礎

pso20140628_160943_819.jpg
※2020.7.1 最終更新(原案:アチ、フィー 編集:フィー)
当チーム所属のアチちゃんの投稿による共同作成になります。ご協力いただき本当にありがとうございます!

テクター講座:テキスト①←いまここ テキスト②

この記事は、クラス別講座(テクター編)の補足資料です。
クラススキルなどテクターの基礎を説明しています。

今回のテキストは初級者~中級者向け。
とりあえずテクターを始めてみた人や、
レベルが75以上になったけど操作は…という人向けの内容になります。

この記事を読めば当然、頭では理解できますが、
PSO2はアクション要素が多いので、ちゃんと操作できているかが大事です。

初心者の方や最近復帰された方は読むだけで満足せず、
個人授業を受けるようにしてね!d(˙꒳​˙* )




目次とリンク集

【目次】
(1) テクターってどんなクラス?

(2) サブクラスの選び方

(3) 2種の武器をどう使い分けるの?

(4) 武器パレットとサブパレット

(5) クラススキルを理解しよう part1
・アクティブスキルの発動し忘れにご用心?

(6) クラススキルを理解しよう part2
・スーパートリートメントはアイテムでも発動する

(7) クラススキルを理解しよう part3
・デバンドタフネスで増えたHPは回復すべき?




【リンク集】
わたしが使用中のクラススキルツリーはこちら

攻略wiki様のテクターのスキル解説ページ

攻略wiki様のTeウォンドのPA解説ページ




(1) テクターってどんなクラス?

いわゆる”ヒーラー”、”バッファー”と呼ばれる支援能力に優れたクラスです。

異世界ものファンタジーでいうと、
前線でメイスを振って戦う神官のようなイメージ。

クラスの特性上、他人をお世話することに喜びを感じる人、
職人気質な人、鈍器で殴り続けるのが好きな脳筋ゴリラに向いています。
※逆にいろんなPAやテクニックでオラオラしたい人は楽しめないかもしれませんw




テクターの主な役割としては、
・バフ(シフタ、デバンド)
・回復(レスタ、メギバース、アンティ、アトマイザー系アイテム)
・集敵(ゾンディール、レ・ザンディア)
・ザンバースによる追撃

などがあります。

バフによってプレイヤーを強化し、
回復によって他プレイヤーには攻撃に集中してもらい、
集敵によって皆がエネミーを倒しやすくする。

特にザンバースによる追撃は非常に強力
フィールド内にいるプレイヤーの与ダメージの20%分
追撃ダメージとして発生します。

言い換えるならば、
プレイヤーの人数が1.2倍されている状態です。

全員が集まって攻撃しているところで使うと、
ザンバースと自身の攻撃を合わせることで
支援職なのにエネミーのヘイトが取れてしまうほどの火力
が出ます。

ちなみにザンバースは
テクニックが扱えるクラスならだれでも使用できます。


テクターはクラススキルによって
補助テクニックのフィールドが広くなる
ため適任ですが、
補助テクニックは1度に1つしかフィールドを展開できません。

レスタ、アンティ、シフタ、デバンド、メギバース、ザンバース
この中から1つだけ
です。

シフデバを延長したり、回復テクを使うときは
ザンバースが途切れる
ということですね。

テクターだけに頼らず、
マルチプレイで使っている人がいなければ
積極的にザンバースを使うようにしましょう!





また、以前のテクターはソロでの戦闘能力が低かったですが、
ウォンド系フォトンアーツの実装や
クラススキル、複合テクニック等のバランス調整により
ソロでも十分な戦闘能力を手に入れました。
※とはいえ、他クラスよりはダメージを伸ばしにくいため、火力面では劣ります。

ソロでの戦闘スタイルは比較的シンプルで、
敵を集めてウォンドで殴るのが一番強いので、
複雑な操作が苦手な方でも大丈夫ですよ!




(2) サブクラスの選び方

Teのサブクラスは、Ph、Et、Hu、Fi、Fo、Boなど
他のクラスと比べて多くの候補があります。

そのなかでも現在、
主流のサブクラスは後継クラスのPhとEtです。

実際の使用率でいうと、TePhが大多数を占めます。




テクター/ファントム(TePh)
 ・テクニックのチャージ速度とPP面が快適
 ・その代わり、耐久面は心もとない

テックショートチャージの効果により、
テクニックをPhと同じチャージ速度でプレイできるので
Phに慣れている人にオススメです。

スプリントテックチャージ、ファントムPPリストレイトも合わさって
各種テクニックの取り回しが劇的に向上するため
補助テクニックの使い勝手もよくなります。

一方でサブPhには、耐久面で役立つスキルがありません。
ゾンディールや通常攻撃の殴り等
Teはエネミーに接近する場面も多いため、被弾した時にやられやすいです。




テクター/エトワール(TeEt)
 ・とにかく硬くて安定感がある
 ・その反面、テクニックのチャージ速度やPP面が厳しい
 ・回復手段を工夫する必要がある

ダメージバランサーとスタンディングマッシブのおかげで
とにかく硬い!打たれ強いです!

エネミーの攻撃を受けて行動を潰されることも
戦闘不能になることも減るので安定感があります。

エネミーの攻撃を受けながらもゾンディールし続けたり、
ザンバースを巻き続けたり、ウォンドで殴り続けたりと、
強引なプレイも可能です。

一方でセイムアーツPPセイブはテクニックに適用されないため、
PP面は少し不安が残ります。

通常攻撃を挟んでいればPPが枯渇することはないですが、
攻撃が届かない状況が続くクエストでは
ほかの回復手段を用意しておく必要があります。

また、クラス別の使用率を考えればわかる通り、
大半のプレイヤーはPhの快適さに慣れています。

Ph基準でプレイしていると、
テクニックのチャージ速度に違和感を覚える
という人も少なくないでしょう。

更に言うと、ダメージバランサーの影響で
自分のHPがテクニックで回復しなくなります。


他のプレイヤーのHP回復をどこまで面倒見るかは
個人の自由なのでよいですが、
TeEtはパレットまわりでも工夫が必要となるでしょう。




しかし、TeEtが弱いというわけではありません。
一長一短がはっきりしているのです。

テクターのサブクラスで迷う方は、
扱いやすいサブPhから始める
のがよいと思います。

テクターに慣れてきたらサブEtを試してみて
好みのほうを選ぶのがよいでしょう。




(3) 2種の武器をどう使い分けるの?

テクターの専用装備にはウォンドとタリスがありますが、
基本的にウォンド1本あれば大丈夫です。

いつもはエトワールをプレイしている方が、
レベリングやクラスエクスキューブ狙いでテクターをするなら、
エトワール用のウォンドをそのまま使ってもらって構いません。




タリスでできる事はほとんどウォンドでもできます。

逆にタリスにしかできないアクションに
タリス投擲によるテクニックの遠隔発動がありますが、
現在のクエストのスピード感で
そんな悠長なことをしている暇は多くありません。

少し離れた場所のプレイヤーを回復するなら、
スターアトマイザーを投げたほうが早いです。

攻撃テクニック発動のため使おうにも
タリスの投擲を挟まないほうがDPSが高いことがほとんどです。




タリスには、補助テクニックのチャージ時間を
省略できる武器やS級特殊能力
があり、
ゾンディールやレ・ザンディアの遠隔設置ができたりと、
もちろん使い道がないわけではないです。

ただ、最初はわざわざ用意するまでもないので、
メインクラスとして本格的にテクターをプレイし始めて
「この状況だとタリスが欲しいな」と思うまではいらないでしょう。




(4) 武器パレットとサブパレット

ここでは参考までに、
アチ先生が利用しているパレット構成を紹介しています。

アチちゃん、画像を提供いただきありがとうございます!
わたしも参考にさせていただきました。

皆さんも自分のプレイスタイルに合わせて工夫してみてね!




Te武器パレ参考(アチ先生)
※武器パレ2枠目のゲノンダラーサはPP回復用、3枠目の凍時雨は状態異常付与用です。
※タリスのS5は急速補助、ウォンドのS5は静心衝杖を使用しています。



Teサブパレ参考(アチ先生)
※テクターのサブパレットはひっ迫しているので、最低でも2パレット、できれば3パレットを切り替えて戦うのが理想的です。
※同じページのサブパレットは、キーボードのテンキー7・8・9で切り替えができます。





(5) クラススキルを理解しよう part1

【ウォンドラバーズ】
【ウォンドギアエレメント】

これらはアクティブスキルなので、
サブパレットに登録して使用しないと効果がありません。

ウォンドラバーズは回避モーションが変わるので
使い忘れていたらクエスト中に気付くと思いますが、
慌てないためにもクエスト開始前に確認しておきましょう。

アクティブスキルはロビーに戻るたびリセットされる点も注意です。




ちなみにわたし(フィー)の場合は、
マイセット反映時にアクティブスキルのあるサブパレットを開くように設定しています。

これでアクティブスキルの使い忘れを防ぐことができますね!
※わたしのサブパレについては、上で紹介したアチちゃんのものを参考にしたほぼ同じ構成です。




(6) クラススキルを理解しよう part2

【スーパートリートメント】
状態異常を回復した際、自分と対象者のHPを回復させ、
一定時間PP自動回復量も上昇させる


スパトリこと、スーパートリートメントは、
誰かの状態異常を回復させた時に追加のバフ効果を付与するスキル。

この状態異常の回復する手段はアンティだけではありません。

アンティ、ソルアトマイザー、スターアトマイザーのどれでもOK!
安心してアイテムで回復してもらってオッケーです。




ちなみにソルアトマイザーをサブパレットにセットすることで
状態異常のキャラの有無を確認しやすくなりますが、
テクターはサブパレの空きが不足しがちなのでプレイスタイルと要相談。

ガチでTeをやろうという方でなければ、アンティだけでも充分です。




(7) クラススキルを理解しよう part3

【デバンドタフネス】
デバンド効果中に最大HPが上昇する。


このスキルによって
デバンドのかかったプレイヤーは最大HPの上限が増えますが、
増えた分のHPは回復されていません。

※HPが1000/1000だったのが、1000/1150になるということです。

ゲームの仕様上、
周囲のプレイヤーはHPが変化していないように表示されますが、
自分のHPバーと同様、増えた分のHPが回復されていない状態です。


なので、レスタで回復してあげると親切です!




ただし、
エトワールやサブEtのキャラクターはレスタで回復できません。

エトワールやサブEtのためにスターアトマイザーを使うかどうか、
その判断は、テクタープレイヤーによってまちまちです。

完璧主義のテクターさんは、
自身でスターアトマイザーを使われる人もいます。

しかし、スターアトマイザーは消費アイテムなので
少額とはいえ、クエストのたび買うのは負担になります。

また、クエスト開始前にスターアトマイザーを1個消費すると、
クエスト中にサポートで使う分が1つ減るというデメリット
もあります。




そもそもエトワールやサブEtは耐久力が自慢で、
その代わりにアイテム以外では基本回復できないクラス。

クラス特性は使用者が一番分かっていることなので、
気にする人が自分で回復すればいいだろう
…というのが、わたしのスタンスです。

とりあえず言えることは、
「レスタまでしておけば充分」ということです。

「スターアトマイザーを使って回復しろ」と言ってくる奴がいれば、
そう言ってくる人が横柄なだけなので気にしなくていいですw




ここまで読んでいただきありがとうございます!

Teクラスの基礎となるテキスト①はここまで。

次のクラス別講座(テクター編) テキスト②では、
クエスト中の実践的な補助や攻撃のやり方を掲載する予定です。

ぜひそちらも読んでテクターの戦い方をマスターしていってね!
ではでは!


公式サポーターズリンク(サポリン)&各アンテナサイト登録中!
PSO2_200x40_応援バナー02
サポリンを開いて「投票する」をクリックいただけると、更新の励みになります!


各アンテナサイトもクリックして応援いただけると嬉しいです!

今回の記事はいかがでしたか?
「それってどういうこと?」「もっと詳しく知りたい!」など、どんな質問・意見でも構いません。
みなさんからのコメントをお待ちしております!
関連記事

0 Comments

Post a comment