FC2ブログ

突如発表されたPSO2の新作『PSO2:NGS』、その真相に迫る!①(2020.7.24 15:20更新)

PSO2NGS_1a.png
引用元URL https://www.youtube.com/watch?v=-k7MzIcPC8M

ちわわー!フィーです。
深夜2時、寝ようと思ったのに眠気が吹っ飛んじゃいましたね…!

突如発表された『PSO2』シリーズ新作
『PHANTASY STAR ONLINE 2 NEW GENESIS』
(ファンタシースターオンライン2 ニュージェネシス)

※公式の略称は『PSO2:NGS』です。

なぜ新作なのに『PSO3』ではないのか?
と、疑問に思う方も多いことでしょう。

今回は前後編で分けて
『PSO2:NGS』の謎や真相に迫っていきます。

まずはティザーPVから細かく情報を見ていきましょう!




現在の『PSO2:NGS』の情報


PSO2NGS.png
こちらは日本版のPV (引用元URL https://www.youtube.com/watch?v=-k7MzIcPC8M)

『PSO2:NGS』の公式サイトは こちら です。

『PSO2 ニュージェネシス(以下、PSO2NGS)』は、
北米の「Xbox Games Showcase」という
オンラインカンファレンスにて2021年サービス開始が発表されました。




PSO2NGS_2.png
こちらは北米版のPV (引用元URL https://www.youtube.com/watch?v=8iR5IKhomK4)

発表がXboxのカンファレンスなので
プラットフォーム展開を勘違いしそうですが、
日本サーバーは、PS4とWindows PCとNintendo Swich(クラウド)。
北米サーバーは、XboxとWindows PCの予定のようです。


なので、Vita版が終了した後の
PSO2のプラットフォーム展開と同じということですね。




PSO2NGS_3.png

そしてティザーPVの紹介欄や公式ツイートにある通り、
ゲームシステムやグラフィックエンジンは一新されますが、
『PSO3』ではなく、
あくまで『PSO2』シリーズの新作という位置づけ
です。





ティザーPVの内容を深堀り!


PSO2NGS_4.png

それではティザーPVの内容を見てみましょう!

空に見える巨大な惑星と、見覚えのない人工物が特徴的です。

人工物があるということは、
アークス以外の文明や知性を持った生物がいる(もしくは、いた)ということでしょうか。

野道にメッセージパックのような道しるべがありますね。

後方に見える拠点のような人工物といい、
PVで登場するエネミーの見た目といい、
どこか前作『PSO』やシリーズ作の『PSU』を彷彿とさせる雰囲気を感じます。




PSO2NGS_5.png

ラッピーも登場しているんですが、
もしかしてこの惑星がラッピーの故郷だったり…?




PSO2NGS_6.png

フィールドを駆ける新アッシュ。

後方の岩山から不自然に人工物が覗いていることから、
惑星そのものがマザーシップのような人工物なのかもしれませんね。




PSO2NGS_28.png

念願のダッシュモーションが実装されているのか、
画面にかなり疾走感がありますね!

【追記】
2020.7.24 15:00頃に公開されたフォローアップPVにて
「フォトンダッシュ」と「フォトングライド」という新アクションがあることが判明しました!




PSO2NGS_27.png

そして、オープンワールド化されているような開放感を感じます。
【追記】
2020.7.24 15:00頃に公開されたフォローアップPVにて
オープンフィールドであることが確定しました!




PSO2NGS_8.png

施設付近に着弾する攻撃。

右側の施設がアークス(もしくは味方勢力?)の拠点、
この攻撃はダーカーに変わる新たな敵勢力によるものでしょう。




PSO2NGS_9.png

スタイリッシュジャンプ中の新アッシュの後ろに何か映ってますね。

位置関係的にさっきの施設の上空にあるようです。

敵勢力の母船かアークスの母船の一部で、
さっきの施設は人や物資を宇宙から移送する拠点を担うのかもしれませんね。

あるいはアークスの母船は惑星の上空にあって、
探索のためにアッシュ達が降りてきているとも考えられそうです。




PSO2NGS_10.png

未知なるエネミーと戦闘中の新たなユーザーインターフェース。




PSO2NGS_1011a.png

左上のマップ表示。

人数表示がPT単位になってますね。
数字の左にある人型のマークがPTの数かな。

UIの見た目的に同じフィールドで12人は一緒にプレイできそうです。




あと、フィールド上に昼夜の表示が明確にあるので、
特定の時間帯限定で発生するエネミーや
アイテム、Eトラなんかもありそうですね!

まぁそんなことよりも現在のPSO2の
エリアマップ表示を画面中央から動かせないクソ仕様を
新作に引き継がないでくれればそれだけで嬉しいですw





PSO2NGS_12.png

キャラクターステータスと武器パレット、サブパレット。
ステータスのUIはおそらく仮のものだと思うので、めっちゃシンプルですね。

武器パレットでは
ソードPAのツイスターフォールとライジングエッジを確認。

ライジングエッジのモーションはほぼそのままでしたが、
消費PPが現在の20から25に変更。

ツイスターフォールはモーションがかなり変更されていますね。

サブパレットには、モノメイトとムーンアトマイザー、
フォトンブラストのヘリクスプロイを確認。

そして気になるのが、
フォトンブラストにリキャスト時間が追加されています。




PSO2NGS_14.png

フォトンブラストの発動は、PVの1:15頃から見ることができます。

フォトンブラスト発動後のリキャスト時間が120秒。

挙動もいまのPSO2とは全くの別物で
PAと比べて威力がかなり強力になっていますね!




PSO2NGS_15.png

こちらはアサルトライフル装備中のフォトンブラスト。

最初はライフルPAのサテライトカノンかと思いましたが、
サブパレットのアイコンのリキャスト時間が開始していることと
上のフォトンブラストと光源の色が同じです。

どうやら同じフォトンブラストでも武器によって挙動が全く異なるようですね。




PSO2NGS_16.png

続いてアサルトライフルの武器パレ。
ピアッシングシェルとグレネードシェル、ディフューズシェル、
パラレルスライダーのような謎アイコンがあります。

ピアッシングシェルの消費PPが22なのを確認。
現在が20なので、全体的に消費PPの見直しが入りそうですね。




PSO2NGS_18.png

PVの1:21に使用しているPA。
これ、ディフューズシェルなんですよ。

え!?解式PA!?ってくらいに強くなってます。
ディフューズシェル(ニュージェネのすがた)的な…w

そしてPPゲージに目を凝らしてみると、消費PP0です。




PSO2NGS_16a.png

武器パレットを見直すと
ディフューズシェルだけフォトンブラストのようにゲージが表示されています。

本当に解式PAみたいな位置づけなのかも…?




PSO2NGS_19.png

PVの1:24あたりでライフルの謎アイコンは、
回避や移動用の武器アクションであることが分かります。
こちらも消費PP0。

威力は低いですが、回避性能は良さそうですね!




PSO2NGS_17.png

ロッドの武器パレットには、
フォイエと、謎のアイコンが見られますね。

盾のように見えるからガードみたいな武器アクション?
アイコンの「PPA」ってなんだろうね。
※寝不足で「PPAP」しか頭に浮かびませんw




PSO2NGS_11.png

ちなみに、ハンターと思われるアッシュが
ヒーローカウンターのような動きをしていた
ことから
「後継クラスは通常クラスに統合されるのでは?」
「ヒーローもサブクラス化されるのでは?」
という見解の方もいらっしゃいますね。

個人的には後者の見解か、
基本アクションとしてカウンターが追加されるのだろうと考えています。

あと正直サブクラスというシステムは
バランス調整の足枷にもなっています。

運営さんはかなり手を焼いてきましたよね。

なので、
個人的には新作でもサブクラスがあるとは思えないです。
ないほうが開発や調整が楽なのは明らかですもん。




一方、
「後継クラスは通常クラスに統合されるのでは?」
という考えを示唆するものとして
北米版はまだ後継クラスが実装されていないことがあります。

新作で後継クラスを統廃合することを見越した可能性も考えられますが、
日本では第4の後継クラスも来るというのに
さすがにもったいない気がしますよね。




PSO2NGS_36.png
【追記】
2020.7.24 15:00頃に公開されたフォローアップPVにて
未知のエネミーの呼称は「DOLLS(ドールズ)」と判明。

やはり人工的に作られた機械人形ような存在なのでしょうか。




PSO2NGS_13a.png

エネミー名は、
「Pedas Sword」「Bujin」「Nagrus」「Didal Sword」を確認。
弱点属性は氷ですね。




PSO2NGS_25.png

Bujinは忍者や侍っぽいし「武人」からきているんでしょう。
海外では人気が出そうですね!




PSO2NGS_24a.png

Pedas Swordの「Pedas」ってなんだろう?
と思って調べたんですが…。

インドネシア語だと「辛い」という意味らしいですが…
絶対に違うと思いますw

近い文字列でギリシャ語に「子供」を現わす言葉あるようですが…。
「Didal Sword」が大きいの対比でしょうか?




PSO2NGS_26.png

Nagrusも語源がよく分かりませんが、
拳で戦ってるので「殴る」からきてるとか…?w




PSO2NGS_23.png

Didal Swordの「Didal」も語源はよく分かりません。

見た目からしてダイダラボッチと同じ
「大人(おおひと)」を意味する「大太郎」から音を取ってきてたり?

とりあえず今のPSO2は名前が覚えにくいエネミーばっかりなので、
シンプルな名前で好きですw




PSO2NGS_20.png

ソード、アサルトライフル、ロッド以外にもツインダガーの存在を確認。

どんな動きを見せてくれるのか続報が楽しみですね!





ここまで読んでいただき、ありがとうございます!

深夜の興奮であまり寝付けないまま
すごいテンションで書き上げちゃいましたw

長くなったので前編はこのへんにして、
次の記事では新作が『PSO3』ではない事情などを考えていきます!

たぶん夕方には文字に起こせると思うので、お楽しみに!

ではではー!


公式サポーターズリンク(サポリン)&各アンテナサイト登録中!
PSO2_200x40_応援バナー02
サポリンを開いて「投票する」をクリックいただけると、更新の励みになります!


各アンテナサイトもクリックして応援いただけると嬉しいです!

今回の記事はいかがでしたか?
「それってどういうこと?」「もっと詳しく知りたい!」など、どんな質問・意見でも構いません。
みなさんからのコメントをお待ちしております!
関連記事

0 Comments

Post a comment