FC2ブログ

【アニメPSO2】第1話の感想と解説:GONZOの本気きた!伏線や残酷なシーンの解説、CMについての話など(2020.1.15更新)

IMG_2365b.png
本記事では、TVアニメ『ファンタシースターオンライン2 エピソード・オラクル』第1話の映像を画像として引用しております。

というわけで、ついにゲーム本編のアニメ化が始まりましたね!


TVアニメ『ファンタシースターオンライン2 エピソード・オラクル』


第1話「ずっとこの日を待っていた」を視聴した感想と解説をまとめています。

今後は次第に解説を増やしていく予定ですが、
最初から解説しすぎると続きを見る楽しみを奪っちゃうので、しばらくは解説少なめです。

まずは感想を一言…。



めっちゃおもしろいじゃん!




もしやGONZOの本気がくるか?


IMG_2353.png

今回のアニメPSO2はメインの制作会社がGONZOさんなんで、
個人的にはかなーり心配してました…。
制作会社さんの過去については、気になる人は自分で調べてみてね。

だけど、いざキャラが動いてみるとすごくいいじゃないですか!




IMG_2372.png
IMG_2373.png

キャラデザも動画で動かしやすいデザインになっていて見やすい。
戦闘シーンの動かし方もいい感じです。




IMG_2363.png

キャラデザや第1話の総作画監督を担当した鯉川 慎平さんは、
ハイスクールD×D HERO」のサブキャラクターデザイン等を担当した方です。
過去に担当した作品を見ると、
女性キャラのどことなくエチエチな魅力がある絵柄も納得です|ω・)b




シリーズ構成・脚本は大野木 寛さんが担当されています。
「夏目友人帳」や「マクロス」シリーズ、
2009年版(新しいほう)の「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」など
数多くの作品に参加されているすごい方です。
「王立宇宙軍 オネアミスの翼」にも参加してる…!(絶対誰も知らない

ゲーム本編から変更点はけっこうあると思いますが、
必ずよいストーリーに仕上がっていると期待がもてますね。




そして本作の監督は橘 正紀さん。
ばらかもん」や「プリンセス・プリンシパル」など
個人的に大好きな作品の監督をされている人なので、今回も期待しています!
プリプリ劇場版も楽しみです!




ちなみに、
3DCG制作は「ゾンビランドサガ」や「劇場版『幼女戦記』」も担当したFelix Film。
クレジットを見ると、第1話の撮影はA-1 Picturesに外注ですかね。
アニメーション制作協力のスタジオKAIはGONZOの関連企業です。






アフィンくんちゃん最高


さて、本編の話に入るんだけど、
1話の感想は、とにかくアフィンくんがかわいいこと!




IMG_2355.png

アフィンくんがしょっぱなからカワイイ!




IMG_2356.png

超かわいい。




アフィンくんヒロインかよ!!!




IMG_2357.png

いつも隣で「相棒」「相棒」と楽しそうに話しかけてくれる子…最高じゃないですか!

まぁ男なんだけどw
いや、だからいいのか??(困惑)




IMG_2365.png
IMG_2354.png

第1話では出番が少なかったですが、もちろんマトイちゃんもかわいいですよ!




IMG_2352.png

原作のゲームの1stオープニングムービーを意識した
アニメ版のオープニングの始まり方が嬉しかったですね!
ちゃんとスタイリッシュにテレプールへ飛び込むところが再現されてます。




pso20191007203119.png

※こちらがゲームのほうのオープニング。





第1話を見るときの注意点


IMG_2362.png

第1話Aパートでは命のやりとりを通して
アークスという組織が描かれます。

見るときの注意点としては、
オープニングが終わり、Aパートが始まって5、6分で
ダーカーの襲撃によって仲間が全員死亡するという残酷なシーンがあります。


ゲームのアプデ情報の動画でおなじみのデフォルトキャラ(スゥ)に似たキャラが
生首だけ転がってたりしてますので結構ショッキングな映像です。




ダガンにやられる人

以前、ゲーム版のチュートリアルを改修した時に
ダガンにやられるモブキャラがやられなくなった変更がありましたよね。

アニメ版はその真逆できっちりと残酷なシーンを描写していく方針のようです。
賛否両論ありそうな場面です。

正直ゲーム版のほうは3Dでの表現上の限界で
シリアスな場面の緊張感が伝わりにくかった。
だから、表現媒体としてアニメ版での改変は個人的にはアリだと思います。




なによりも
このシーンは直前の場面と対になっていると思うんですよね。




IMG_2359.png
IMG_2361.png
IMG_2375.png
IMG_2360.png

直前の場面というのは、アークスが浸食されたウーダンを殴り倒して
浸食核のダーカー成分と思われる返り血を浴びるように見えるシーン
です。




IMG_2376.png

このシーンの間、ヒロインのアフィンくんはドン引きしてます。
ニコニコだと「男の子ドン引きしてて草」ってコメントが溢れることでしょうw

話を戻すと、
命のやりとりをわざと残酷に表現しているんですよね。
なのに教官は倒したことに対して「ポイント加算」と言って
エネミーの命を成績の点数としてしか見ていない。

ようするに、
ゲームのほうではグロテスクに感じなくても
アークスもダーカーも自分の目的のために
相手の命を奪って解決するという点では変わりがない。

君たちはそういう存在なんだよ?わかってる?

ってことを表現したいんでしょうね。




IMG_2377.png

初登場でマトイが
「アッシュ…わたしを…ころして…」
と言うのも印象的です。

原作のストーリーを視聴済みのアークスは
その意味を理解できるセリフだよね。

「命を奪うことの正当性(正しいことなのかどうか)」というのが
アニメ版の大きなテーマとして後のストーリーで
アッシュ達が葛藤するポイントになるのかもしれません。





伏線シーンを見ていこう ←2020.1.15更新


この部分は後から追記しているので、
一部の内容については、第2話まで見た後の補足のほうで記入しています。

ここでは補足で触れていない伏線や伏線になりそうなシーンを取り上げていきましょう。




IMG_2426c.png

アッシュの夢の中のシーン。
どうやら幼いアッシュが水の中で培養されているような描写です。
このカット、赤丸を付けた部分にぼんやりと紋様が見えるのが分かりますか?




IMG_2428c.png

これって、アッシュのペンダントについているものと同じなんです。
この時点では判断できないんですが、
実はこの模様は虚空機関(ヴォイド)に関連する紋様のようです。

同じ紋様が第9話の虚空機関(ヴォイド)の施設にて確認できます。
虚空機関については、造龍計画の解説で語っていますので第4話の解説をどうぞ。
この紋様については、第9話の解説をどうぞ。

ということは、アッシュの出生も虚空機関がらみということになります。
アッシュは孤児院育ちと言っていましたが、
それ以前は虚空機関の研究施設にいたのでしょうか?

今後出てくるクーナというキャラと同じく、虚空機関に所属していたのかもしれませんね。




IMG_2416b.png

アッシュがキャンプシップの窓から眺めていたナベリウスの様子。
雲の切れ間からなにやら円の形をしたものが確認できます。

これはマトイの現れた大樹周辺?
それともダークファルス【巨躯】が封印されている遺跡エリアでしょうか?

どうもバリアっぽく光ってるので、
【巨躯】の墓標を隠すために貼られていた「認識阻害」の場所のほうではないかと思われます。
※詳しくは第3話の解説をどうぞ。




IMG_2421b.png

ダーカーから逃げ隠れていた2人の話にでてきた10年前の事件。
これはアークスシップ第七十四番艦が
ダークファルス【若人】率いるダーカーに襲撃された事件です。

とはいえ、アッシュはダーカーを見るのが先ほどが初めてと言っています。
アッシュは原作にいないキャラなので、謎が多いキャラです。
彼の謎は物語が進むにつれて明らかになっていくでしょう。




IMG_2422b.png
IMG_2423b.png

ゼノ 『そっちのお前、どっかで見た気がするな…あれ?どこだっけ?』

ゼノのこのセリフ、伏線になります。
実はゼノはアッシュと過去に出会ってるんですよね。
アッシュにとっては未来の話ですけどね…w




IMG_2429b.png
IMG_2432b.png

ゼノ 『その悔しさを忘れるな。諦めるな。忘れず諦めずにいれば、いつかきっとなんとかなる!』

ゼノが「師匠」と呼ぶ人から聞いたアドバイスをアッシュ達に伝えるシーン。
この師匠とはいったい誰なのでしょうか?
実は上のシーンと同じ伏線です。





IMG_2434b.png

エコー 『相手にしなくていいからね。どうせただの受け売りなんだから』
ゼノ 『ちょ…バラすなよ。師匠の言葉は俺の言葉だからいいんだ』

これ、本当に文字通りの意味なんです。
原作を知っているとニヤニヤしてしまう言い回しでしたw

これらの真相がアニメで描かれるのは、だいぶ先のお話です。
そのとき改めてこのシーンを見ると、ギャグだったことに気付けるでしょうw




IMG_3551.png

突如空から舞い降りた少女、マトイ。
彼女は一体、何者なのか?
なぜここに現れたのか?
なぜアッシュの名前を知っているのか?

続きが気になる展開ですね!




IMG_2435b.png

最後にルーサーが見ていた端末の画面。
アークスの文字ってアルファベットに対応しているので、実はこれ全部英語なんです。
なので、めんどくさいですが上の画像のように解読できます。
NO DATA =データなし
NO DATA ARIVABLE =アーカイブ可能なデータなし
NEXT DATA =次のデータ
NO REGISRATION =無記名


解像度の関係で目が痛くなるので、今回はこのへんで。
内容を察するに、どうやらシオンの手によってアッシュのデータは抹消されているようです。

ちなみにゲーム版公式サイトのファンキットのページ
アークス文字のPC用フォントがダウンロードできますので、よければ使ってみてくださいね!
わたしも気が向いたときに翻訳をしてみようと思いますw





CMとかブルーレイ発売の話


テレビ放送中に一番笑ったのはPSO2esのCMです。
放送中のCMは、ほぼPSO2かPSO2esかイドラのCMしか流れないんですよ。

でね、PSO2esのCMのアピールポイントが




「自分はPSO2の倉庫です!!」




っていう迫真さにゲラゲラ笑ってしまったw
いや、確かにそうなんだけどさw

運営さん諦めないで!
もっとesのゲームの中身をアピールして!
って思いましたw

実はイドラのCMもそうでしたけど、
シリーズ作が全部PSO2ありきの宣伝になってるのはどうかと思いました。
このことについては、いつかイドラの記事を書いたときに物申しましょう…。




あと、アニメのブルーレイのCMも流れたわけですが…




全25話の全9巻で販売ってまじ!?!?




2+2+3+3+3+3+3+3+3ってことデスカ…
OVAは…ナイ…ノカナ…
特典のアイテムコード付いてるからって買うと思わないで下さいよ!
いまから貯金して待っておきますからね!(ぉぃ




IMG_2442b.jpg

【追記】
ちゃんとブルーレイ買ってますよ!
ブックレットの解説がないのが少し物足りないですが、高画質で本編見られるのがいいですね!





今回はここまで。

毎週アニメの解説というか、与太話をしていこうと思います!
興味のある方はお付き合いただけると嬉しいです。

あと、本編の内容とは関係ないですけど。
もしもニコニコの配信で見るつもりの方は、
絶対にコメントがアンチや荒らしの書き込みで荒れますので
コメント非表示での視聴を推奨しておきます。

せっかく(わたしたちの課金で)ちゃんとしたアニメ作ってくれてるんですから
PSO2が好きなら余計なヤジが入らない他の配信サイトか、
テレビでご覧になるほうがいいですよ。

みんなのコメントを楽しむ作品はニコニコで見るんだけどね。
PSO2に関してはわたしはテレビと別の配信サイトで見ると思います。
いちいちNG設定するのもめんどいんだよね。

最後まで読んでいただきありがとございました!


公式サポーターズリンク(サポリン)&各アンテナサイト登録中!
PSO2_200x40_応援バナー02
サポリンを開いて「投票する」をクリックいただけると、更新の励みになります!


各アンテナサイトもクリックして応援いただけると嬉しいです!

今回の記事はいかがでしたか?
「それってどういうこと?」「もっと詳しく知りたい!」など、どんな質問・意見でも構いません。
みなさんからのコメントをお待ちしております!
関連記事

0 Comments

Post a comment