FC2ブログ

【アニメPSO2】第16話の解説:難しい単語や伏線となるセリフの解説、物語は新たな局面へ!

IMG_4533c.png
本記事では、TVアニメ『ファンタシースターオンライン2 エピソード・オラクル』第1話および第16話の映像を画像として引用しております。

【ここまでの解説記事】
第1話 第2話 第2話までの補足 第3話 第4話 マトイの正体について(前編)(後編) 第5話 第6話 第7話 第8話
第9話 第10話 第11話 第12話 【仮面】の正体とEDの歌詞の解説 第13話 第14話 第15話(前編)(後編)



第16話「果てしなき跋扈の終わり」の解説をお届けします!

跋扈(ばっこ)とは、わがもの顔に振る舞うこと。のさばりはびこること。
まさにルーサーのことですねw

それではいつものように本編の解説をしていきましょう!
※この記事を読んでもアフィンがトイレに行く理由は分かりませんのであしからずw




尺の都合であっさりめな【敗者】戦


IMG_3730.png

まぁこればっかりは仕方ないんだけどね…。
アニメ版だと【敗者】はファルスヒューナル形態やダークファルス形態にならずに
あっけなくやられてしまいました。

オラクルで悪いことがあれば、だいたいルーサーが関わってますが、
立場的には中ボスみたいな扱いなので仕方ないかも…w

けど、【巨躯】と比べると物足りなさを感じるかもしれませんね。
かわいそうなので、ゲーム版の画像で【敗者】の能力を補足説明しておきましょう。




pso20140628_165314_1301.jpg

ファルス・アンゲル (ファルスヒューナル形態)
【敗者】のファルスヒューナル形態。
アニメでは登場していない設定なので説明しておくと、
ダークファルスは寄り代を元にした人型、本来の力を開放したダークファルス形態
その中間のようなファルスヒューナル形態があります。




IMG_3736.png

鳥型ダーカーを使役している彼自身も、鳥のような翼を有しています。
アニメではこの形態を簡略化したように、人型に羽が生えてましたね。




pso20140507_224114_010.jpg

ダークファルス【敗者】 (ダークファルス形態)
【敗者】の能力は、限定された空間内の時の流れを操る「時間支配」です。

原作のゲームでは、戦闘中にアークス達の時を止めたり、
自身の動きを加速させたりして攻撃してきます。

では次に、ルーサー戦をアニメ版と原作ゲームで比較してみましょうか。
アニメ版では、原作ゲームの2つのシーンが再構成されていたんです。




pso20140628_165254_1297a.jpg

実はルーサーが【敗者】になった時、
原作のゲームで助っ人に来たのはゼノとクーナだけでした。

このあとヒューナル形態に変化した【敗者】と戦闘して勝利。
更に【敗者】がダークファルス形態に変化しようとしたので、
主人公たちは危険を察知してマザーシップから退却します。




pso20140713_190505_067.jpg
pso20140713_190517_070.jpg

その後しばらくしてから、
アークスが一丸となってダークファルス形態の【敗者】を討伐し、
手負いの【敗者】にレギアスがとどめを刺すというのが原作の流れです。




IMG_3870.png

一方、アニメではシナリオを再構成し、
三代目クラリスクレイス以外の六芒均衡が勢揃い。

【敗者】をフルボッコにするという爽快な展開でしたね!
これはこれでスカッとしたので個人的にはよかったです(*˙꒳​˙*)




IMG_3883.png

窮地に陥った【敗者】は、
初代クラリスクレイス(アルマ)を生き返らせることを条件として、
レギアスに交渉を持ちかけます。

第14話の解説でまとめたとおり、
アルマはアークス復興のためルーサーの実験体となって命を落としました。
その誇りをもって命をもてあそぶなど、侮辱に他なりません。

レギアス激おこです。




IMG_3937.png

ルーサーの攻撃を自身の浄化能力で打ち消すアッシュ。

第8話の解説で触れましたが、
特にアッシュとマトイはダーカー因子を吸収して浄化する能力に長けています。




IMG_3982.png
IMG_3977a.png

レギアス 『……終えよ、世果。』

遂にレギアスの創世器が真の姿を見せます。
このシーン、一部のカットの切り方が原作シーンを再現していて
知っていると嬉しくなるシーンでした!




pso20140713_190452_062.jpg

こちらがゲームの画面。
世果を開放するシーンは原作でもカッコいい場面です!




IMG_4006.png

【敗者】を一刀両断した後、刀身が砕ける世果。

創世器はマザーシップとリンクすることで
無限にエネルギーが供給される仕組みになっていますが、
シオンが消滅してその供給が止まったため折れたそうです。

じゃあ他の六芒均衡の創世器はどうなの?とか、
折れた理由の日本語がなんか変じゃない?って気もしますが…。

EP1&2の設定資料集にそう書いてあるので、そういうことです(・▴・)
※おそらく武器が破損しないよう保護する分も含めてマザーシップからエネルギーが供給されていて、
その供給が止まったのに高出力の攻撃をしたので武器が耐えきれず折れた、って意味だと思います。


ちなみに新オープニングを見るかぎり、
原作通りルーサーにはまだ出番がありそうなのでお楽しみに!





難しい単語や伏線となるセリフ


なんかタイトルといい、今回は難しい単語が多くない?
センター試験の問題かな…w

というわけで、難しい単語はだいたいレギアスのせいですが、
難しい単語や伏線となるセリフの解説です!




IMG_3706.png

レギアス 『ルーサー、よもやアークスの長たる貴様が、自らダークファルスに身を落とすとは!』
【敗者】 『愚昧だな、レギアス。僕は最初からダークファルスだったのさ。』

愚昧(ぐまい)とは、愚かで的確な判断が下せない、 常識がないこと。

第15話の解説(後編)で説明したとおり、
ルーサーはこの場でダークファルスになったのではなく、元々ダークファルスでした。
フォトナーだったルーサーを寄り代にして、長年にわたりアークスを支配してきたのです。




IMG_3715.png

レギアス 『とんだ獅子身中の虫よ』

獅子身中の虫(しししんちゅうのむし)とは、
組織などの内部にいながら害をもたらす者や、恩を仇で返す者のたとえ。
跋扈(ばっこ)と同じく、これもまさにルーサーのことですね!




IMG_3761.png

リサ 『あらあら。マザーシップの縮退空間が崩壊しかかってますねぇ』
リサ 『このくらいのエネルギーですと、ちょっとした超新星爆発くらいですかねぇ』

いきなり量子力学の話が出てきましたよ!文系のわたし大ピンチ!
リサさん、さらっと難しいこと言わないでw

どういう意味かというと、
マザーシップの核である惑星シオンが寿命を迎えたので
縮退圧(惑星シオンとマザーシップ外殻の質量を支える圧力)が弱まり、
重力との釣り合いが崩れて重力崩壊が起こりそうになっている

…ということでしょう。
惑星の核ともいえるシオンが失われてしまったせいでしょうね…。

重力崩壊が起こると、星の中心に向けてエネルギーが圧縮されてコアができ、
そのコアで反射した衝撃波が外部へと広がり、星が崩壊します。
これを超新星爆発ともいいます。

超新星爆発は、寿命を迎えた恒星が起こす大規模な爆発現象。

爆発する星のサイズにもよりますが、
場合によっては光年単位で距離を取っておかないと
爆発の影響に巻き込まれてすべてのアークスシップが消し飛びます。


ちなみにマザーシップが超新星爆発を起こすのはアニメオリジナル展開です。

詳しくは、Wikipediaのフェルミ縮退重力崩壊を参考にしてみてください。
わたしにはさっぱり理解できませんでした!(ぉぃ
※表現的に間違いがありましたら、コメントで教えていただけると助かります!




IMG_3959.png
IMG_3956.png

【敗者】 『なんだそれは…?そんな力…貴様をそんな風に作った覚えはない!』

アッシュの浄化能力を見て驚く【敗者】。

実はBlu-ray第1巻を購入してから第1話の記事をリライトしたんですが、
もともとアッシュが虚空機関(ヴォイド)出身を臭わせる描写はあったんですよね。

今回の【敗者】のセリフでそれが確定となりました。




IMG_2403.png

そうなると第1話冒頭のこのシーンは、ルーサーに気付かれぬよう、
シオンがアッシュに縁者として能力を授けた場面なのかもしれません。




IMG_2435b.png

ここから完全に推測ですが、
その後シオンは、アッシュに関する記録をデータベースから抹消。
虚空機関から幼いアッシュを逃がし、アッシュ自身の記憶も封印して孤児院へと預けた。
だからルーサーのデータベースにもアッシュの記録が残っていなかったのではないでしょうか。

まだ謎が多いので断定はできませんが、
第1話冒頭のアッシュの夢はそういうふうにも推測できますね。




IMG_4188.png

レギアス 『忸怩たるものはある。』
レギアス 『我々はまたしても、目先の平和で我慢しなければならんのだ。』

忸怩(じくじ)とは、深く恥じ入ること。

Bパート始まってすぐ、アッシュとの会話シーンです。
ようするに、また組織としてダークファルスに関する真実を隠さなければならない。
そのことを深く恥じているという意味です。





ダークファルス【双子】が動き出す


くぎゅううううううううううううううううううううううううううう
元・釘宮病患者としては、叫んでおかないといけませんね!




IMG_4064a.png

正体現したね。
子供のように純粋であるがゆえに残酷。
ダークファルスの中で最も凶悪な【双子】が動き出します。




IMG_4070.png

ダークファルス【双子】の能力は「複製」。
あらゆるものを食らってコピーすることができます。

当然、同じダークファルスを食らって模倣体を生み出すことも可能。




IMG_4093.png

ただし、複製は完璧なコピーというわけではなく、目の色などが反転しています。





束の間の平穏


IMG_4235.png
IMG_4238.png

トゥンク。また新しい恋愛フラグを立てるアッシュ。
やっぱりアッシュはイオたそが女の子だと気づいてないんじゃないでしょうか…w
それとも天然ジゴロなだけ?




IMG_4297a.png

マトイちゃんがエッッッッッチなコスチュームに着替えて登場!
ゲームでもヒロインらしく衣装が変わることが多いんですが、
着替えるたび露出が増えていくマトイちゃんですw
※最近はおとなしめです。




IMG_4298.png

マトイを見てアッシュが呆けた顔をしていますが、
スケベなことを考えているのでしょうか?
少し前のシーンのレギアスとカスラとの会話を思い出しているのでしょう。




IMG_4194.png

レギアス 『君には彼女(マトイ)から目を離さず、気付いたことがあったら知らせてほしいのだ』
カスラ 『大丈夫、そのために一つ手を打たせてもらいましたから』

つまり、「一つ手を打った」というのは、
マトイを特例でアークスにしてアッシュと行動を共にさせるということのようです。

このあたりは原作のゲームとは設定が違う展開。
ゲームだとマトイがシャオにお願いして講習を受け、特例許可をもらっていました。




pso20191221143214.png

原作のこのシーン、マトイ役の佐藤聡美さんの演技がかわいい!
「はーい」っていう返事がアニメでも聞きたかったので、ちょっと残念。




IMG_4323.png
IMG_4327.png

原作だとエコーの乙女心に鈍感なゼノですが、アニメだと積極的です!
パチスロPSO2ではほぼ主役扱いだし、エコーにも気配りできる男に!?
もしかしたら、アニメでも二人のあのシーンまでやっちゃうんでしょうか!?

ちなみにこのシーン、
アッシュとイオのやり取りと対比にもなっていて面白いですねw




IMG_4353.png
IMG_4357.png

マトイ 『シオンさんの光、いま届いたんだね。』

旧マザーシップ・シオンの最後の光を見届けるアークス達。
このシーンって超新星爆発の影響を考えると、
【敗者】を倒してからある程度の日数が経っているのではないかと思われます。

超新星爆発を起こす前に、シャオが遠くまで転移してくれたおかげですね。

失われた星の煌めきが月日をかけてオラクル船団に届いた。
「これで本当にシオンとお別れなんだ」という神秘的なシーンでした。





舞台は惑星リリーパへ


IMG_4414.png

リーじゃねぇ!ぶっ飛ばすぞ!
※原作の古参プレイヤーしか知らないネタなので、分からない人はスルーしてねw

新たな惑星、リリーパに降り立ったアッシュ達。
マトイの過去編を先にやるのかと思いましたが、【若人】について話を進めていくようですね。




IMG_4441.png

自分がクローンだった事実に思い悩むクラリスクレイス。

原作では「自分が何者なのか?」ともっと悩んだり、
ヒューイから逃げ回ったりした描写がありましたが、
尺の都合で立ち直りが早いように見えちゃいますね。

超新星爆発のこともあるので、
おそらく思い悩んで日数がある程度経ったんだと脳内で補完しました…w



IMG_4511.png
IMG_4512.png
IMG_4517.png

ヒューイ 『結局あれだ。俺のお前はお前だけってことだ。』
ヒューイ 『誰が何と言おうと、お前という人間はお前一人だ。それじゃダメか?』

ヒューイめっちゃいいお兄ちゃんですね!
目から汁が…(´;ω;`)




IMG_4543.png

自らをダークファルス【若人】と名乗る女性。
この惑星でダーカーの活動が活発になっているのは、彼女のせいです。

【巨躯】や【双子】と問題は山積みですが、物語は新たな局面へと動き出します。

彼女の目的とはいったい何なのか?
おそらく次回で明らかになってくるでしょう。




IMG_4404.png

そして、ここからの重要人物はトイレ小僧のアフィン。
彼の「探しもの」とともに、10年前の謎が少しずつ解けていきます。
※ちなみにアフィンは普通に立ちションしてたけど、他のアークスはどうしてるんでしょうか…w
アフィンがマナー違反なだけ…?今回は戻ってくるのが遅かったけど、まさか大のほうでは!?


来週も楽しみですね!





今回はここまで。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

第16話は戦闘シーンが多かったためか、
止め絵で作画の怪しいシーンがいつもより多かったような気がします。

詳しくは新オープニングの記事で語りますが、
予想通りならこの後も大規模な戦闘シーンが入りそうなのでちょっと心配しています。




物語も本格的にEP3へと突入しましたね。
全25話なので、残るは9話。

【若人】で3話、マトイの過去で2話、【深遠なる闇】で4話くらいの配分かな?
尺的に惑星ハルコタンは全カットだろうなぁ。

原作を知っていると話のつなぎ方はなんとなく想像つきますが、
ここからアニメオリジナル展開が更に増えていくと思われます。

原作ファンはつい原作と混同してアニメを見がちですが、
どんな作品でもメディアの違いや様々な事情で表現方法は変わるものです。
場合によっては設定も変えざるを得ません。

なので原作は原作として、アニメはアニメとして、
それぞれ割り切って楽しむようにしたほうが幸せですよ。

ではではー!


公式サポーターズリンク(サポリン)&各アンテナサイト登録中!
PSO2_200x40_応援バナー02
サポリンを開いて「投票する」をクリックいただけると、更新の励みになります!


各アンテナサイトもクリックして応援いただけると嬉しいです!

今回の記事はいかがでしたか?
「それってどういうこと?」「もっと詳しく知りたい!」など、どんな質問・意見でも構いません。
みなさんからのコメントをお待ちしております!


【参考文献】
電撃攻略本編集部(木原大輔)編(2015)『ファンタシースターオンライン2 EPISODE 1&2 設定資料集』 KADOKAWA.
電撃攻略本編集部(木原大輔)編(2016)『ファンタシースターオンライン2 EPISODE 3 設定資料集』 KADOKAWA.
関連記事

0 Comments

Post a comment